人気ブログランキング |

私は成人式のときに振袖をレンタルすることも考えましたが、結局は母のものにしました。行ったお店が悪かったのか分かりませんが、今風のものばかりがあったのです。
私の好みではなかったのでやめました。母の振袖がシックな感じで、私の好みに合っていました。ですが、成人式に行ってみると色んな人がいて面白かったです。今風のものも、見ているぶんには楽しいなと思いました。
ピンクや緑、可愛い花柄や夜のお仕事風な柄、私には着れないなと思いましたが、凄く楽しませていただきました。それと同時に、母の振袖があってよかったと思いました。やっぱり古典柄が一番だなと感じました。
友人も私の着ていた振袖を褒めてくれましたし、友人のお母さんも褒めてくださいました。多分年配の方にうける色合いだったんでしょうね。嬉しかったですね。
そして、この振袖はいつか私に子供ができたときに成人式で着てほしいなと思いました。もし女の子が生まれなくても、親戚の誰かには着て欲しいですね。本当に素敵な振袖なので。私の代で終わってしまうのはもったいないです。

「私が着た振袖を誰かに着て欲しい」の続き
# by huri80naka | 2019-04-08 19:09 | 名古屋市で振袖

誰もが二十歳になったら迎えるのが、成人式ではないでしょうか。各自治体で年度内に二十歳になる成人を招き、お祝いをするイベントになります。日本では昔の元服にちなんだ風習の名残と言われており、海外ではあまりこのようなイベントや式典は行われていません。
成人式を迎えるにあたり、やはり注目されるのが女性の振り袖姿ではないでしょうか。昨今ではあまり着物姿すら見かけることがなくなってきた今、若い女性が着物姿で歩く姿をあれほど見かけることができるのは成人式ならではといえます。
成人式の振り袖というと、二十歳を迎える女性にとってはやはり特別な思い入れがあるようで、成人式を迎える半年以上前から用意しているといった方も少なくありません。
昔は生地から仕立てあげることが一般でしたが、最近ではすでに仕上がった振り袖を購入する方も多くなってきました。また、以前より価格帯もかなりお求め安くなってきているため、昔のように呉服店や着物屋さんの敷居が高くて、なかなかお店に入りづらいといったこともなくなってきているようです。

# by huri80naka | 2019-04-08 19:09 | 名古屋市で振袖

着物の保管の仕方。

着物を購入して保管の仕方が分からない方は多いと思います。
着物は上手に保管することによって何十年も着ることができるので、そんな方のために保管の仕方を教えたいと思います。
着物を購入すると、たとう紙といわれる紙に包まれて渡されることがあると思いますが、たとう紙に包まれたまま長期間保存するのは、やめた方がいいです。
たとう紙の汚れが着物に移ってしまったり、着物にしわが付きやすいからです。まずは、たとう紙から出してください。
着物の保管場所と言ったら桐ダンスを思い浮かべる方が多いと思います。
通気性の良い桐ダンスがあればそこで保管するのがいいですが、そうではない方は衣装ケースや洋タンスでも大丈夫です。ただ注意してほしいのが湿気です。
着物は湿気に弱いので、晴れた日に洋タンスを開けて空気の入れ替えや、なるべく上段に保管することをお勧めします。
衣装ケースの場合は、絶対に直射日光が当たるところは避けて、詰め込みすぎないようにしてください。
防虫剤を入れることをお勧めしますが、防虫剤が直接着物に触れないように入れてください。
着物をめったに使わない場合は年に2回、湿気のない天気のいい日に着物用のハンガーにかけて干してください。
この時も日焼け防止のため直射日光を避けてください。こうすればカビや虫、湿気から着物を守ることができ長持ちします。
# by huri80naka | 2019-01-04 19:36 | 名古屋市で振袖

私の着物遍歴

社会人になって自分でお金を稼ぐようになってから、着物にはまりました。
名古屋にあるデパートの呉服屋さんで、最初は仕立ての浴衣から始まり、次は正絹の小紋を2枚と羽織を1枚、着物に合う帯も何枚か、帯留めなどの小物も購入。あれよあれよと、
総額は100万円くらいしたかもしれません(もちろんローンでしたが)。
ですがもっと気軽に、汚れなども気にせず着たかったので、徐々にポリエステルの物や古着の物を集めるようになりました。
着物専門の古着屋さんや、リサイクルショップを回り、少しずつ増やしていきました。
古着だと、昔の方は現代人より小柄な方が多いので、裄丈(袖丈)や身丈(着丈)が短い場合が多々あるのですが、私は152cmで手足も短いので、その辺の心配は皆無でした。
着物関連の本もたくさん読み、知識を増やしていきましたが、5年前に出産してからは子育てにいっぱいいっぱいで、夏祭りに浴衣を着る程度となっています。
山形在住のエッセイスト兼イラストレーターで、きくちいまさんと言う方がいらっしゃるのですが、小さなお子さん3人育てながら普段から着物で生活しておられ、
とても憧れています。私も、もう少ししたら下の子が幼稚園に入るので、ちょっとずつ着物を着ていけたらと考えています。
着物熱が上がったり下がったりですが、折角日本人として生まれてきましたので、着物文化を大切に、
でも決して敷居の高い物としてではなく生活していきたいと思っています。
# by huri80naka | 2018-12-04 19:34 | 名古屋市で振袖

着物デートのすすめ

着物は一般の人間にとってはなかなかハードルの高いものです。
まず着る機会が少ない、そして自分一人で着られない、また着物を持っていない上に持っていたとしたら管理が大変、実際着るとなれば下駄やカバン、
足袋にヘアアクセサリーも必要です。
さらに着て動くとなればいつもと違う窮屈さになかなか疲れてしまうことも多いです、こう書くといいとこなしな気がしてしまうかと思えばそうではなく、
その大変さを押してでも着てみたいのが着物。特に特別な日には綺麗な着物を見にまとい、華やかな自分を楽しみたいものです。
以上のことを踏まえて、私がよく人にお勧めしているのは「着物デート」です。前述した大変なことのうちのほとんどを解決する方法があります。
それはレンタルです。京都などの観光地に行くとよく着物レンタルの幟を見ることがありますが、あれです。
レンタルの店を使用すれば、着物を持っていなくても大丈夫ですし、着付けてもらえます。カバンや下駄、ヘアアクセサリーまで貸してもらえるし、
髪型だってセットしてもらえる店が沢山あります。男性も着替えさせてもらえますから、そこを利用して、二人でドレスアップしてデートに向かうのは如何でしょう?
のんびりとデートを楽しみ、帰るときに着物を返せば持ち物もいりません。
手軽に着物デートをしてみるのは如何でしょうか。
# by huri80naka | 2018-11-04 19:33 | 名古屋市で振袖